text by 秦理絵 / photo by 橋本塁

アリーナツアーに連動したソロインタビューの第三弾はあきらかにあきら。昨年9月にスタートしたバンド最大規模の全国ワンマンツアー「Kisses and Kills Tour 2018-2019 A/W」のアリーナシリーズも、名古屋、神戸、福岡まで終えて、残りは横浜アリーナのみ。ワンランク上のバンドへと進化していく過程で、大きく変化してきたというメンバーとの関係性、最新シングル『ワガママで誤魔化さないで』、ファンへの想いなど、たっぷり話を聞いた。

いままで以上の「責任」と「喜び」を感じたアリーナシリーズ

------「Kisses and Kills Tour」も残り1公演になりました。
いろいろありましたね。特に今回はメンバーに対して、それぞれ信頼の置き方が変わったんですよ。いままでは4人でひとつの意思のもとに「オーラルだよね」って言えることが正義だと思ってたんですけど、それぞれが得意分野で引っ張っていけるようになったんじゃないかと思いますね。楽曲なら拓也、グッズなら僕みたいな感じで。
------それがメンバー的には大きいことだった?
うん。だから拓也とは、いままでよりも仲良くなれてるし、いまがいちばんリスペクトしてるんです。ふたりでいるときも、ずっとオーラルの話をしてます。

全文を読む【FC会員限定】