FC「BKW!! Premium Members」限定で未流通楽曲を公開!

※「mist...」「逆恨み小僧」など流通盤に収録している音源は公開致しません。

01.幕開け

山中拓也コメント

オーラルの前にやってたバンドを解散してから、オーラルを結成する間に作った曲です。
この曲を作った時にオーラルを結成することを決めてメンバーを集め始めました。

02.カゼノオト

山中拓也コメント

エモーショナルを追求して、あの時なりに頑張って作った曲。
未だにこの曲を聴くとすごく懐かしい気持ちになります。

03.世紀末少年

山中拓也コメント

俺らがオーラルを結成した当初、ライブで必ずやってた曲です。この曲で盛り上げてました。

04.とある街で見かけた少女

山中拓也コメント

物語を『創造、想像』して曲を作るという手法を確立させれたと感じた曲です。
この時からその手法をすごく使うようになりました。

05.夜更け奏で

山中拓也コメント

後に牡羊座の奏でという曲に変わっていきます。インストから曲に進化させる過程を見せてました。
この時から過程とかをお客さんと共有するの好きやったんやなぁ。

06.gの筆記

山中拓也コメント

この曲は未だに何処かのタイミングで使ってやろうって思ってます。楽しみにしててください。

07.小悪魔インフェクション

山中拓也コメント

当時かなり人気が高かった曲です。デビューしてからも演奏していました。
小悪魔で男を弄ぶ女性の人達にむけて作りました。サビメロは今聴いても良く出来た曲だなーなんて思います。

08.牡羊座の奏で

山中拓也コメント

この曲はインディーズ時代のオーラルの曲の中で一番エモーショナル、激情!という言葉が似合う曲です。
今歌っても泣ける自信があります。笑

09.九十の選択

山中拓也コメント

ジャンケンのことを歌った曲です。こういうファニーでフザケタ歌もオーラルは昔からありました。

10.月に吠えて哀…

山中拓也コメント

1枚目のアルバムの表題になるくらい気に入ってた曲です。
個人的にBメロのラインが今の僕だと書けないかもと思うくらい、あの時にしか感じれなかった哀愁があって好きです。